HOME > すべての記事 > わきが治療 > 注意!美容形成外科のワキガ治療には保険が使えないものもある!

わきが治療

注意!美容形成外科のワキガ治療には保険が使えないものもある!

2016.04.01 674view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

ワキガの臭いは自分では気づかないこともあり、臭いが強いときは、周りの人に迷惑を掛けてしまうことがあるので気をつけなければいけません。

ワキガの臭いを改善するためのデオドランド商品などは多く販売されていますが、重度のワキガの方はデオドランド商品では臭いを抑えることができない場合があります。

美容形成外科の中には、ワキガ治療を行っているクリニックもあります。
治療には健康保険が適用できる治療とできない治療があるので注意が必要です。

美容形成外科で受けることができるワキガ治療の種類

美容形成外科では、いくつかの治療方法があります。
重度のワキガで悩んでいるのでなんとか臭いを改善したいと思っている方は、臭いも元であるアポクリン汗腺を取り除く手術が効果的ですが、メスを使用するので、傷跡や万一のときのリスクも頭に入れておかなければいけません。

比較的軽度な状態であれば、メスを使用しないレーザーやボットクス注射などの治療もあります。
ボットクス注射は効果が持続する期間が半年程度と短いので、汗をかきやすい夏場だけ臭いを抑えるために治療を受けるという方も少なくはないようです。

美容形成外科に行くとまずはカウンセリングが行われるので、症状に合った治療方法を提案してもらうことができます。

ワキガ治療の多くは保険が適用されます

biyouseikeigeka-hoken2

ワキガ治療を受けることを検討しているけれど、費用が気になるという方も多いのではないでしょうか。

ワキガ治療の多くは保険が適用されるので、それほど大きな費用にならないことが多く、安心して治療を受けることができます。
特に大きな費用がかかるアポクリン汗腺を取り除くワキガ剪除法は保険が適用されるので、費用の負担を軽減することができます。

また、最近は、ボットクスやレーザーも保険が適用されるので、治療費用が大きな負担になることは少なくなりました。

美容形成外科で保険が適用されない治療とは

ワキガ治療の多くは保険が適用されますが、全てが保険適用になるわけではありません。

現在、保険が適用できるワキガ治療は、他人に不快感を与えるほど臭いがきつい状態と定義されているので、臭いはそれほど強くはないけれど治療を受けたいという方は、保険が適用されない場合があります。

自分でどの程度臭いが強いのか分らないという方は、カウンセリングのときに医師に臭いの強さを説明してもらうことができます。

ワキガ治療を受けるときは、臭いが軽度の方は保険が適用されない場合が多いということを理解しておきましょう

#内容

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「わきが治療」カテゴリの関連記事