HOME > すべての記事 > わきが治療 > ワキが治療について【治療方法と費用についてご紹介します】

わきが治療

ワキが治療について【治療方法と費用についてご紹介します】

2016.07.20 656view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

わきが治療は皮膚科や美容外科で行えます。初めての場合は、まずは皮膚科に行ってみましょう。比較的行きやすいですし、そもそもそれが本当にわきがかどうか、専門家が診断してくれるので安心です。
においに過敏になりすぎているだけの場合もあるからです。
皮膚科であればわきが治療に保険が適用され、費用が安くてすむのも利点です。

軽度のワキガなら

軽度のものなら薬を塗ったり、生活習慣を変えるだけでも違ってきます。
お風呂でシャワーを浴びるだけだったりスポーツをやる習慣がなかったりと、汗をかく習慣がない場合にはどうしても脇の臭いは強くなります。

薬や生活改善でも症状が変わらない場合には専門の治療が必要となります。

比較的経度ならボトックス注射で汗腺が汗を分泌するのを抑えるようにします。
保険が適用されるため費用を抑えることができます。手軽に出来る反面、効果は半年から1年程度です。

臭いの原因となるアポクリン腺を燃やすレーザー治療となると効果はほぼ永久的ですが、費用は高いと15万円程度になります。

ワキガの症状によって治療は異なる

7--20

症状のレベルに応じて電気凝固法やマイクロリムーブ法・剪除法などさまざまなわきが治療法があります。それぞれに痛みや手術時間は異なり、通院が必要となるわきが治療法もありいます。高いものだと30万円ほどかかるものもあります。

注意しなければならないのは、どんなに高い治療法をおこなってもわきがは再発する可能性も高いということです。
アボクリン腺を完全に取り除けなければ、その再生力・増殖力はすごいのでまた復活するのです。

医師と病院選びがとても重大

目視で一つ一つ取り除くやり方でなければ取り残しの可能性は高くなりますし、目視の方法でも医師の技量が低ければ取り残してしまうことも多くなります。
何例もの症例数がある信頼できる医師選びが大切になります。

また、目視でおこなうためには脇の下を大きく切り開く必要があり、そのためどうしても大きな傷跡が残る可能性が高いことも考慮に入れておかなければなりません。

希望する病院がどういった治療法をおこなっているのか・その治療法のメリットデメリットも合わせて確認して置きましょう。保険が適応するかどうかは治療法や症状によって異なります。自分のケースにあてはまるかどうかも調べるようにしましょう。

保険適応の場合には、手術料として3万5千円程度、更に検査費用や処置料なども必要となるので、両脇で5万円程度と考えておけばよいでしょう。入院しての手術となると更に高くなります。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「わきが治療」カテゴリの関連記事