HOME > すべての記事 > 人気クリニック > ワキガ治療のダウンタイムについて知っておきたい!共立美容外科ではどのくらいなの?

人気クリニック

ワキガ治療のダウンタイムについて知っておきたい!共立美容外科ではどのくらいなの?

2016.02.23 855view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

ワキガ治療をするのであれば、必ずダウンタイムについて頭に入れておく必要があります。
いざ手術をしたいと考え病院にいくと、会社を休まなければいけないなんてことになっては、結局なかなか手術に踏み出せないようになることでしょう。

今回は共立美容外科でのワキガ治療に関する、ダウンタイムについてご紹介していきます。

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、治療・手術をした後で、日常生活に戻れるまでの時間を示します。
ダウンタイムが長い治療・手術になればなるほど、体への負担も大きく、生活にも支障が出てしまいます。

最近のワキガ手術では、長くても1週間程度のダウンタイムで日常生活に戻れることがほとんどのようですが、これはあくまで病院で記載されている情報に基づくものです。
実際に治療・手術を受けた人の話しを元にしていかなければ、予定していた期間よりも大幅にズレてしまったなんてことにもなりかねません。

なるべくダウンタイムは、実際に施術を行なった人の口コミを参考にするようにしていきましょう。

共立美容外科3つの治療法

共立美容外科では
・超音波+ローラークランプ法
・超音波+ミラドライ
・ボトックス注射

この三種類の治療法があります。

これらの治療法は、吸引法を利用したり、注射で局部を麻痺させたりと、大きく異なる手術方法です。
ダウンタイムも全く異なります。

3つの施術方法に対するダウンタイムについて

超音波+ローラークランプ法は、通院回数1~2回で、およそ回復までに1~2日必要になると言われています。
また、1週間ほど腕の稼働制限が設けられるので、実際には1週間大事をとって仕事を休む人もいるようです。

超音波+ミラドライは、ダウンタイムなしで施術が受けられることで評判です。
ただし少し赤く腫れるようなで、お風呂は3日間ほどシャワーのみになるようです。
ダウンタイムはなく当日から日常生活が送れると言われていますが、1週間ほどは運動に関する制限を設けられるようです。
ちなみに実際施術を受けた人の中には、1ヶ月程度ダウンタイムが必要だったと言う人もいました

ボトックス注射は、たった10分で完了する治療法なので、時間のない人に人気の治療法です。
赤みは1日程度でひき、翌日には解消されると言われています。
ただし、注射により内出血をする場合もあるようで、内出血をしてしまった場合は数日~数週間治癒に必要とされると言われています。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「人気クリニック」カテゴリの関連記事