HOME > すべての記事 > 人気クリニック > 共立美容外科のワキガ治療に必要な時間ってどのくらい?

人気クリニック

共立美容外科のワキガ治療に必要な時間ってどのくらい?

2016.02.22 830view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

共立美容外科では、三種類の治療法が用意されています。

一つは吸引により汗腺を除去する方法で、二つ目は注射により脇を麻痺させる方法。
三つ目は、ダウンタイムが少ないことで人気の、脱毛の機械の様なものを照射する方法です。

治療法が異なれば、必要となる時間も異なるので、今回はこれらの治療法の中でも二つの治療法に目を向けてご紹介していきます。

共立美容外科の三つの治療法について

共立美容外科では、ワキガ・多汗症の治療法を、三つ用意しているそうです。
この三つの治療法は、それぞれ必要となる時間も全く異なります。

ワキガの症状が重度か軽度かによっても、利用される治療法は全く異なるそうです。

ちなみに三つの治療法とは
・超音波+ミラドライ
・超音波+ローラークランプ法
・ボトックス注射

この三つのようです。

超音波+ミラドライ

この治療法は、吸引により汗腺を吸い出す治療法です。
治療法と言うよりも、切らない手術だと言われています。

メスを使用しないことで傷痕が残らないことが、この治療法の魅力です。

ちなみにこの治療は
・カウンセリング
・超音波
・吸引
・圧迫

この4ステップで終了になるそうです。

この間にかかる時間は、30~40分程度のものです。

時間がかかりそうに感じる治療法ですが、特殊な機械を使用することにより、たったこれだけの時間で両脇の手術を完了することができるのです。

ただし、この治療法は手術後1週間の腕稼働制限が設けられるそうなので、この辺りも注意しておきましょう。

ボトックス注射

ボトックス注射は、注射により汗腺を麻痺させる治療法です。
注射針で食中毒の原因となる菌を注入していく方法です。

半年に1回の治療が必要となりますが、両脇10分で治療が完了するものなので、時間をかけたくない人には人気の治療法です。
ちなみに、汗腺を麻痺させることにより、発汗量も軽減できるそうです。

また、この治療によりワキガを軽減出来る人は、ワキガの軽度~中度の人だと言われています。
その為、重度の人の場合は、この治療法はおすすめできません。

ワキガ治療は意外と時間がかからない

共立美容外科に関するワキガの治療法を見ていると、治療に必要とされる時間って、1時間もかからないことに気が付きます。
治療方法によってダウンタイムに差はあるようですが、一回当たりの治療時間があまりあかからないのであれば、少しでも精神的苦痛が軽減できるのではないでしょうか?

また、ボトックス注射の場合であれば、治療当日でもシャワーができるそうなので、この辺りから考えても体への負担は少ない治療方法だと考えることができますね。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「人気クリニック」カテゴリの関連記事