HOME > すべての記事 > わきがのよくある悩み > 子どもが欲しいけれど心配…わきがって遺伝するものなの?

よくある悩み

子どもが欲しいけれど心配…わきがって遺伝するものなの?

2016.12.18 642view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

男女問わず気になるわきがは親から遺伝してしまうものなのでしょうか。
子どもが欲しくても、影響が気になってしまいます。

わきがは遺伝する

わきがの原因となっているのは脇にあるアポクリン腺から出る汗が身体に住み着いている雑菌によって分解されてしまうことです。
遺伝してしまうのはこのアポクリン腺の数です。

生まれつき決まっているアポクリン腺の数が多ければそれだけわきがの原因となる汗がたくさん分泌されることになるため、臭いが発生しやすくなってしまうのです。

もともとアポクリン腺は人類が生きていくために重要な子孫繁栄のため、フェロモンとしての役割を持っていたので優性遺伝になってしまいます。

どのくらいの確率なのか

12-18

優性遺伝のため、両親がわきがの場合には子どもの約93%、片親がわきがの場合には子どもの約75%の確率でわきが体質になってしまうと言われています。
これらは計算上の数値であり、実際には両親がわきがの場合には子どもの約75%、片親がわきがの場合には子どもの約50%程だと言われています。

しかしこれはあくまでわきが体質であるというだけのことなので、体質を受け継いだ子どもの全てがわきがで悩むようになるというわけではありません。

アポクリン腺の活動が活発になるのは第二次成長期の頃だと言われているため、小学校中学年~中学生の頃になると親から体質を受け継いでしまったかどうかがわかるようになります。

環境も大きな要因となる

わきがの原因はアポクリン腺から出る汗とそれを分解する雑菌です。
この両者が揃って初めてわきがになるのです。

そのため、いくら体質を親から受け継いだとしても清潔に常に気を付けて雑菌の繁殖を防ぐことができている場合には、わきが体質であったとしてもわきがに悩むことはない人も存在しています。

また、食生活の欧米化もわきが体質の人を増やす要因になっていると言われています
アポクリン腺から出る汗に含まれているのはアンモニアや脂質、たんぱく質なのですが、脂っこいものや肉類などのたんぱく質を多く食べる欧米の食生活はアポクリン腺の活動を活発にしてしまいます。

また、医師の中には20年前よりも今の若い人はアポクリン腺が大きくなってきていて、両親からわきが体質を受け継がなくてもわきがに悩む人も増えてきているという声もあるため、遺伝だけではなく食事などの生活習慣もわきが体質になる大きな原因を作っていると言えます。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「わきがのよくある悩み」カテゴリの関連記事