HOME > すべての記事 > 有効なわきが対策 > 妊娠中に突然ワキガに・・・。これってよくある現象なの??

有効なわきが対策

妊娠中に突然ワキガに・・・。これってよくある現象なの??

2015.11.17 745view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

今までワキガになんてならなかった人が、突然妊娠中にワキガになったと言う話しを耳にしました。
妊娠をすると体質が変わると言われていますが、ワキガにまで影響を及ぼすものなのでしょうか?

妊娠中は過度なワキガ対策ができない時期なので、急にワキガになってしまうと、とても臭いが気になってしまいますよね。
そこで今回は、妊娠中のワキガ事情についてご紹介します。

妊娠中にワキガになる人多発!?

今までワキガになんてならなかった人が、妊娠中にワキガになってしまう・・・。
しかもこのワキガの臭いも軽度ではなく、他人が『この人ワキガだ』とわかるレベルにまで達してしまう。

これは一般的なことのようです。
全ての人に起こる現象ではないのですが、妊娠中にワキガを発症してしまう人は多発しています。

どうやらこれは妊娠中の胸の張りに関係しているようです。

乳腺が関係している

妊娠中は母乳の準備はじめます。
母乳の準備が始めると、それまで眠っていた乳腺も活発に働き始めます。
そもそも乳腺は脇の下まで広がっているものなので、母乳の準備が始まると、乳腺の働きに刺激されてアポクリン汗腺も活発に動きだすようです。

またこの母乳の準備を行なうことで、胸はどんどん大きく膨れてぱんぱんに張ってしまいます。
乳腺の働きと胸が張る現象が重なり、アポクリン汗腺への刺激は大きくなっていくので、アポクリン汗腺の働きは妊娠後期に入る頃から、特に盛んに働き始めるようです。

卒乳までは臭いの軽減は難しい

母乳が胎児に必要になるのは妊娠中ではなく出産後になってくるので、本格的にワキガが悪化し始めるのも出産後になってからの可能性が高まります。
しかし出産後1か月間の外出はしない人が多いですし、産後1年間は外に出る余裕を持てない人もいますよね。

なので実質一番気になるのは、妊娠中かと思います。
ただ乳腺の働きが関係していると言うことなので、最低でも卒乳をするまでは、ワキガの軽減は難しいと考えると良いです。

また赤ちゃんに栄養をと思いすぎるがために、肉を中心とした食生活になってしまうと、更にワキガの臭いを悪化させることに繋がります。
ワキガを気にするのであれば、肉を中心とした生活や油っこい食事を中心とした食生活を控えて、その他の食材から栄養を補給できるようにしておくと良いですね。

卒乳までは長いように感じてあっという間のことなので、この時期の女性のワキガは仕方のないことなのです。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「有効なわきが対策」カテゴリの関連記事