HOME > すべての記事 > 多汗症の症状と対策 > 多汗症の原因はエクリン汗腺!症状の特徴と治療

多汗症

多汗症の原因はエクリン汗腺!症状の特徴と治療

2016.01.30 579view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

運動もしていなく、暑くもないのに汗をたくさんかいてしまう・・・
そんなお悩みを抱えている人は意外と少なくありません。

そのような症状を「多汗症」と言います。

今回は多汗症の原因と症状の特徴、治療法をご紹介します。

多汗症とは

多汗症とは、運動をしたわけでも暑いわけでもないのに、多量の汗をかく症状のことをいいます。

多くの場合原因が不明ですが、多くがストレスによるものだと考えられています。

症状としては、人前に出て緊張している時や、不安を覚えると多量の汗をかくことがほとんどですが、中には自宅でリラックスしている状態でも、多量の汗をかくといったケースもあります。
そのため緊張などの精神的なストレスだけが必ずしも原因になる病気ではないともいえます。

ただ多汗症の裏に病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

まず更年期障害の症状の場合があります。かっと汗をかいたと思ったらすぐにひいてしまう症状で、これは発汗を抑制するエストロゲンの分泌が低下することでおこります。
そのほかにも甲状腺ホルモンが増加して基礎代謝が高まると全身性の多汗がみられることがあります。

これらの症状が気になる場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

症状の現れ方

ekurinkansen

多汗症は多くの場合、わきの下、手のひら、足の裏に発生します。

これらの部分は精神性発汗部位で、緊張によって発汗が増える場所です。ただ手のひらから汗がしたたり落ちたり、足の裏に多汗があるとにおいの原因になるなど、劣等感を持つ人も少なくありません。

また足の裏に多汗があると、足白癬や細菌感染を引き起こしやすくなります。

症状に気づくきっかけとして、字を書こうとしたときに紙が濡れてはぶれてしまった、ピアノを弾こうとしたら汗で指が滑ってしまう、パソコンが汗で壊れてしまったなど生活に支障を感じる場合も少なくありません。
汗は誰でもかく生理現象ですが、必要以上に量が多いと改善する方法をみつけた方がよいでしょう。

診断と治療法

発汗量が多い場合には、手で触れたり目視するだけで多汗の有無を判断することができます。また汗を吸い取ると色が変わる紙や発汗記録計を使って発汗量を測定して判断することもあります。

また感染症や内分泌、代謝性疾患、膠原病や中枢神経疾患、悪性腫瘍などの全身性多汗症の場合では、原因になっている疾患を探し出し治療を行います。
主な治療法は、外用薬、ボツリヌス菌治療、交感神経遮断治療などがあります。

ただどの方法にも長所と短所があるため、症状にあった方法を見つけることが大切です。

多汗症を治療する場合に、何かを受診すればよいか迷う人もいるかもしれませんが、手の皮膚からの汗ということで皮膚科を受診するひとがほとんどです。

精神的なものが原因と考える場合には、精神科や心療内科を受診することもありますが、どちらにしても自分にあった改善方法を見つけることが大切です。
そのため複数の病院や科を受診することもよい方法といえます。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「多汗症の症状と対策」カテゴリの関連記事