HOME > すべての記事 > わきが治療 > ワキガの手術をやめて良かった!?手術のメリット・デメリット

わきが治療

ワキガの手術をやめて良かった!?手術のメリット・デメリット

2016.02.02 717view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

ワキガの手術は、リスクが大きいです。
傷痕が残るかもしれないし、再発するかもしれない。

しかも費用は実費なので高額・・・。
この様な理由から、ワキガの手術をしなくて良かったと思う人もいるようです。

今回は、ワキガ手術のメリット・デメリットとともに、手術を思いとどまった人の理由などをまとめてご紹介していきます。

ワキガの手術をやめて良かった!?

ワキガの手術は、失敗談がかなり多いと言われています。
・検査にかかる日数が長いこと
・かなりの痛みや出血が免れられないこと
・退院後もテープを巻いた状態でいなければいけないこと
・化膿してしまう場合もある
・費用が高額であるにも関わらず、臭いが再発してしまう
手術のデメリットとも感じる、これらの失敗談が続出しています。

そもそも手術というのは、皮膚の内側にある汗腺の一つ一つを取り出して、破壊していくというものなのですが、全てを一度で破壊することは難しいと言われています。
また、手術効果は医師の腕にも左右されるのが、ワキガ手術の一番のデメリットです。

破壊されなかった汗腺は、徐々に臭いを発生するようになります。
その為、ワキガが再発したかのように言われてしまうのです。

ワキガの手術をやって良かった人はいないの?

健康体にメスを入れることは、やはり心配がつきもののようです。
しかし、重度な臭いの発生がなくなったとのことで、嬉しいとの声もあります。

実際のところ、傷痕は広範囲に残ったとしても隠してしまえば終わりなので、臭いの軽減を優先に考えるのであれば、手術も悪いものではないのかもしれません。
ただし最近は、手術しなくても完治に近いような状態を作りだせる方法もあるようなので、手術は一昔古い方法のように感じてしまうところもあります。

ちなみに汗腺を破壊する手術になるので、多汗症の人は汗の悩みも解消されるので、本当にやって良かったと話す人もいるようです。

リスクが大きいのは事実

脱毛機の様なものを当てるだけのものも、痛みは強く、本当に効果を期待できるのかが不安なところです。
しかし、同じようにワキガの手術も不安要素はたくさんあります。

第一に大きな傷口が残ってしまうということは、精神的にも大きなダメージが残ります。
そこでなるべくなら、健康な体にメスを入れることは避けた方が良いと考えられます。

ワキガ手術も高額な費用と必要とするものなので、同じような金額で切らずに機械による治療が行なえるのであれば、そちらを選ぶ方が、メリットも大きいと言えるのではないでしょうか?

※医師としっかりと相談をしたうえで、体への負担が少ない治療方法を決めていきましょう。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「わきが治療」カテゴリの関連記事