HOME > すべての記事 > わきが治療 > ワキガの手術は保険が利く?【適用の条件を教えます!】

わきが治療

ワキガの手術は保険が利く?【適用の条件を教えます!】

2016.06.09 572view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

わきがはとても強力な悪臭を放つ症状です。この症状は、医療機関で治療を行うことができます。
治療方法によっては保険が適用され、治療費が安く済むようになりますので、上手に活用してみましょう。

保険が適用される理由

正確にいうと、わきがは病気ではありません。ただ体臭がきつくなるという症状しかなく、命の危険を伴ったり、身体の機能が低下するようなこともないのが特徴です。

しかし、症状の度合いによっては強烈な体臭を周囲に撒き散らします。周囲の人に迷惑をかけますし、本人にとっても精神的な苦痛を伴います。
このような理由から、病気ではないものの、わきがの治療に保険適用が許されています。

利用できる医療機関選びが大事

6--9

保険適用になるのは、それを利用できる医療機関で治療を行った場合に限られます。
美容目的の医療機関だと、適用外になる例が存在しますので、治療をお願いする医療機関選びには慎重になりましょう。

適用される医療機関には、病院や一般的なクリニックがあります。
美容外科や美容皮膚科での治療方法だと、適用外になる心配が高まります。

美容系のクリニックでは、事前にカウンセリングが行われることがほとんどですので、この時に説明を受ければ、適用されるかどうかを判断できるようになります。積極的に質問してみましょう。
また、医師の診断で、はっきりとわきがの症状だと認めてもらうことも条件になります。

剪除法を利用しよう

保険が認められやすい治療法は、剪除法と呼ばれるものです。この方法ならば、3万円から5万円程度で受けることができます。但し、メスを使った手術による治療法になります。

わきがの悪臭の原因となっている、アポクリン汗腺というものを取り除く方法です。わきのシワの部分にそってメスを入れ、医療用のハサミを使ってアポクリン汗腺を取り除いていきます。

傷跡が残るリスクを持っていますが、手術による効果はとても高く、信頼できる治療法です。シワと同じような傷跡のラインになるため、目立つことはあまりないというメリットがあります。

吸引法という手術なら、小さな切れ込みだけで治療ができます。メスを使わないマイクロウェーブ法もあります。しかし、これらの治療法では、保険が適用されない例がほとんどです。採算性が取れないといった、経営上での問題があるのがその理由です。
100%自費で治療を受ける必要があるため、予算と治療効果をよく確認してから、受けるようにしたいところです。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「わきが治療」カテゴリの関連記事