HOME > すべての記事 > わきがの原因とは > 食品添加物で体臭悪化!?日本人の食事こそ危険を及ぼすリスクが高い!!

わきがの原因とは

食品添加物で体臭悪化!?日本人の食事こそ危険を及ぼすリスクが高い!!

2015.09.20 1968view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

食品添加物により、体臭が悪化してしまうことを御存知でしょうか?
体臭の悪化は、もちろんワキガ悪化に繋がります!
また日本では食品添加物により体内に危険を及ぼすと言われている確率も、年々高まっています。

海外よりも危険!!日本の食品添加物

日本は衛生基準が高く、更に着色料などを使用している割合が低いので、海外の食品を口にするよりも安全だと多くの人が思っていることでしょう。
しかし近年、『日本の食品こそ危険なのでは無いか?』と言う声が浮上しています。

日本は認可されている食品添加物の幅が大変広く、その数は海外と比較できない程だと言われています!!

そもそも長期保存を行なえる食品に多く使用されている防腐剤(デヒドロ酢酸)ですが、日本では頻繁に使用されていますよね。
しかしアメリカではカボチャの種だけにしか使用が許可されていないなど、海外の方が食品添加物に対しての危険視が高いのです。

食品添加物の毒性について

食品添加物の一種である防腐剤は毒性が大変高いと言われていて、ネズミにほんの少しの量を与えただけでも、ネズミは死んでしまう程です。

しかしペットボトルなどの飲み物には、赤ちゃん用のポカリスエットですら防腐剤は含まれていて、毎日職場でペットボトルの飲み物を常時飲んでいる様な人は、大量に防腐剤を摂取していることになります。

主に体に取り込まれる毒物は肝臓で処理され排出されることになるのですが、大量に摂り込まれてしまうことで、処理を行なう時に肝臓にも大きく負担がかかります。

更に処理しきれなかった分に関しては、体内に蓄積されるため様々な悪影響を及ぼします。

食品添加物が体に与える影響について

食品添加物が体に与える影響は
・発癌のリスクを高める
・アレルギー反応を引き起こす
・内蔵に負担を与える
大きく分類するとこの3つです。

ちなみに食品添加物が大量に摂り込まれることにより、体は毒物が侵入してきたと判断して解毒を試みます。
この時に活性化酸素を発生することになるのですが、この活性化酸素により脂質が酸化してしまい、臭い発生(加齢臭)の元を作ってしまうのです。

20代から加齢臭を感じる様な人が増えているのは、おそらく頻繁にレトルト食品の様な添加物入りの食べ物を摂取していることと考えられます。

加齢臭が強烈化してしまうと臭いの相乗効果により、ワキガも必ず悪化することになりますので、なるべく食品添加物の入っていない無添加な食材を摂取するように心がけましょう!!

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「わきがの原因とは」カテゴリの関連記事