HOME > すべての記事 > 有効なわきが対策 > ワキガのレーザー治療って本当に効果はあるの??

有効なわきが対策

ワキガのレーザー治療って本当に効果はあるの??

2015.10.07 692view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

ワキガの治療に用いられるレーザー治療についてですが、脱毛で利用するレーザーを使用して行なう治療法だと言われています。

脱毛の機械による治療・・・。
本当に高い効果を期待できるのでしょうか??

ワキガのレーザー治療について

ワキガのレーザー治療は、脱毛でも使用されているレーザーを使って行なわれる治療法・・・。
おそらく多くの人がそう思っていることでしょう。

しかし実際は同じレーザーを使用していても、全く異なる使い方をしていますし威力も大変強力になります。
ちなみに電気針脱毛と呼ばれる脱毛方法は、ワキガ治療に用いられるレーザー治療と少し似ています。

脱毛と治療の違い

多くの脱毛サロンで利用されるレーザー脱毛は、肌の表面にレーザー光線を当てることにより、毛を腐食させて生えてこないようにする技術です。

しかしワキガ治療では、アポクリン汗腺を破壊できなければ意味がありません。
だから単に光を当てるだけの脱毛とは、全く異なります。

レーザーを使用する治療方法は
・針を用いた治療方法
・直接レーザー光線を当てる治療方法
この2種類に分けられます。

まず初めに針を用いた治療方法についてですが、これはレーザー光線を放つ針の形をした器具を毛穴の一つ一つに指して、皮膚の中でレーザーを放ち、アポクリン汗腺を破壊してしまうと言う方法です。

次に直接レーザーを当てる方法ですが、この場合は皮膚の一部を切開して、レーザーを当ててアポクリン汗腺を破壊し、そして皮膚を縫って終了すると言うものです。

どちらも想像するだけでゾッとする治療方法ですが、ワキガの治療法としては大いに役立ってくれます。

レーザー治療は痕が残りにくい

レーザー治療は比較的痕が残りにくい治療方法です。
ワキガの手術では広範囲を切開して、アポクリン汗腺を破壊することになるので、手術痕もしっかりと残ってしまいます。

しかしレーザー治療であれば、針を刺す技術の方は痕が残りませんし、切開をする技術の方でも切開する部分が限られているので痕は残りにくいです。

また切開をしてレーザーを当てた後は破壊してアポクリン汗腺を吸引することになるので、アポクリン汗腺が残りにくく再発もしにくくなります!!

どちらの方法もメリット・デメリットはありますが、広範囲に及ぶ手術をするよりは良い治療方法だと思うので、通院先の医師に相談して、なるべくなら広範囲に及ぶ手術を行なわずに治療を進めていきたいですね。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「有効なわきが対策」カテゴリの関連記事