HOME > すべての記事 > 多汗症の症状と対策 > 脇汗の治療が保険適用!?最新治療からセルフケアまで

多汗症

脇汗の治療が保険適用!?最新治療からセルフケアまで

2016.03.27 658view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

日常生活の中で、汗をかくことは誰にでもあることです。
しかし、支障がでるほど脇汗が多く出る場合、「腋窩多汗症」(えきかたかんしょう)かもしれません。

脇の下は、汗腺が多い場所です。
多汗症の場合、ストレスや緊張などの精神的な要因や気候、運動による温熱効果で発汗する場合とは別の原因があり、汗を多くかく事があります。

多汗症の様々な治療方法

多汗症の症状は、額、手のひらや足の裏、脇の下といった汗腺が密集している箇所で、日常生活に支障がでるほど汗を多くかきます。
原因が明らかになっていない脇の多汗症を「原発性腋窩多汗症」(げんぱつせいえきかたかんしょう)といい、日常生活に支障をきたす重度の患者は、全国に220万人以上いると推定されています。

脇汗の治療として塗り薬、注射薬、飲み薬、手術、レーザー療法、精神療法などがあります。
「塗り薬」は、塩化アルミニウムなどを有効成分とする薬を毎日塗り続けます。

「注射薬」は脇に直接注射し、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とする薬を年に1、2回行います。

「飲み薬」は抗コリン薬や漢方薬を内服薬として服用します。
塗り薬や注射薬よりも広い範囲に効果を及ぼします。

一番効果的なのが「手術」です。
多汗症の症状が重い場合、神経を切断する手術を行い種類によっては、健康保険が適用される場合があります。

塗り薬や注射薬などの治療を試しても、効果が見られなかった場合、最終的に健康保険の適用を考えて手術を選択したほうがいいでしょう。

脇汗の多汗症の主な原因は精神面と食生活

hokentekiyou

脇汗の多汗症は様々な要因が考えられます。
原因によっては、自分でできる治療もあります。

まず精神的な要因です。
緊張で脇汗をかくことは、誰でも経験することです。

副腎皮質ホルモンやアドレナリンの放出を促して、皮脂の分泌が促進されます。
これにより脇汗が増えてニオイが強くなります。

ストレスや緊張は、それほどの影響を体に及ぼします。
精神を落ち着かせてリラックスできる時間をつくる事が大事です。

次に食生活です。
肉中心で脂の多い食事、ファストフードやインスタント食品、辛いものや酸味のある刺激の強いものをよく食べる人も要注意です。
栄養のバランスを考えて。欧米化した食生活を和食中心にすると効果的です。

運動不足にも注意!汗をかく習慣をつけよう

現代の日本は、とても日常生活において利便性が高まり、運動不足になる傾向があります。
仕事で一日中、室内で過ごす方もいるでしょう。

運動不足によって脇汗が増える人は、エクリン腺からの発汗が原因で、汗が出ます。
人間はエクリン腺からの発汗で体温を調節します。
体の汗腺が休眠状態に入ってしまうために、心臓に近い脇の下のエクリン腺が活発にはたらき、脇汗がでます。

体を動かす機会を増やすことで、全身に汗をかく習慣をつけると脇汗を抑えるのに効果的です。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「多汗症の症状と対策」カテゴリの関連記事