HOME > すべての記事 > 多汗症の症状と対策 > 「多汗症」の治療について【保険適用の可否、適用の条件とは?】

多汗症

「多汗症」の治療について【保険適用の可否、適用の条件とは?】

2016.07.13 670view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

美容皮膚科などの治療項目の中にはワキガ治療や多汗症治療と言った症状の治療が記載されている事が多く在ります。
ワキガというのは腋臭と言われている特有の臭いを放つのが特徴で、多汗症と言うのは暑くも無いのに多くの汗をかいてしまうといった違いが在ります。

ワキガと多汗症の治療方法

そのため、症状が異なるため治療法などに違いが在るのではないかとイメージされる人も多いものです。しかしながら、治療法においてはどちらも同じような方法で行われるのが特徴です。

ワキガの場合はアポクリン腺から分泌される汗と皮膚に在る雑菌が混ざり合わさる事で分解が行われ、その時腋臭と言った臭いが生じるもので、多汗症はアポクリン腺よりも浅い場所に在る汗腺組織から汗が大量に分泌され、腋臭のような臭いは在りません。

多汗症の場合

7--13

しかし、多汗症の場合は精神的な要因も在ると言われているのが特徴です。
例えば、以前に大量の汗をかいてしまい、嫌な思いをしたことがあるとします。
そうすると予期不安と言うものが生じてしまい、また大量に汗をかいたら恥ずかしいといった気持ちになってしまいます。

多汗症はエクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌される汗の量が多い症状ではありますが、不安などが生じる事で汗を分泌させることになるため、多汗症治療はワキガ治療とは異なり、精神的な治療も必要になると言われています。

尚、多汗症治療と言うのは病気を治すものではなく、汗の量をコントロールすると言った治療法になるため、多汗症治療の多くは保険適用外となっています。

保険適用外となった場合は、多汗症治療にかかる費用は、全額負担となるため、経済的な理由で治療費の負担が出来ない人にとっては深刻な悩みの種でもあるのです。
しかし、自由診療で行うかどうかと言うのは病院側の判断だと言われています。

精神面の治療

多汗症治療は精神的な治療も必要であり、患者さんが悩んでいる取ったことを考えた場合、保険適用として治療を行ってくれる病院も在ると言われています。

これは多汗症治療だけではなく、特有の臭いを放つワキガ治療においても同じであり、病院の中には費用負担は3割と言った保険適用での治療を行っている病院も在ります。

尚、多汗症治療はエクリンセンを除去することで汗を分泌させる機能が低下するため、予期不安により汗の量が多くなると言う事が起こり難くなるなどのメリットが在りますし、多汗症の症状を持つ人は手の平などにも多くの汗をかく症状があるので、精神的な治療を同時に行うなどの特徴が在ります。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「多汗症の症状と対策」カテゴリの関連記事