HOME > すべての記事 > 多汗症の症状と対策 > わきの多汗症はこんなことがツライ!傾向と対策を紹介

多汗症

わきの多汗症はこんなことがツライ!傾向と対策を紹介

2016.01.11 603view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

 多汗症とは脇の下や手のひら、足の裏などある一部分から多量の汗をかき日常生活に支障をきたす症状のことを言います。
これは男性女性の性別関係なくなる病気ですので、誰にでもなる可能性はあるということです。

では実際に症状が現れるとどんなことが起きるのでしょうか?

多汗症でつらいこと

今回はわきの多汗症で辛いことを中心に考えてみました。

①好きな色の服が着れない
②匂いが気になってしまう
③異性の前で消極的になってしまう

他にも細かいことはいくつかありますが、まずはこの3つを挙げてみました。

好きな色の服が着れない

takanshoutaisaku2

では、さらに具体的に掘り下げてみましょう。

まずは①についてです。

汗を少しかくぐらいなら誰にでもあることですし、さほど気にならないのですが多汗症は多量に汗をかくことを示します。
例えばグレーやカーキなどの色を着た場合に、わきに多量の汗をかくとその部分の色が濃くなり、周囲にも思い切りわかってしまうほどの色の違いが出てしまいます。
するとそれが恥ずかしくて、色のついたTシャツやシャツは全く着ることができなくなってしまうのです。

匂いが気になって消極的になってしまう

そして②についてです。

汗をかくので気になるのはもちろんなのですが、ここで大切なポイントは多量の汗をすぐに拭くことができずしばらく時間が経ってしまうことです。
さすがに仕事中や人がいる状況で汗をかいたからと言って、わきを拭くわけにはいきません。
そうなるとしばらく汗をかいたまま放置することになるので、その間に雑菌が繁殖し臭いの元となります。
そして服にも付着して臭いや染みが取れなくなってしまうのです。

次に③についてです。

これは特に女性の場合そうだとおもいますが多量に汗をかいていると嫌がられる、気持ち悪いと思われるのではないかと心配するあまりに異性との交流がしにくくなります。
他の人には分からないので、この人は何でこんなに見られることを嫌がるのかな?近づくことを嫌がるのかな?と不思議に思われることもあるのです。

まとめ

このように多汗症でお悩みの方はどうしたらよいのでしょうか?
少しでも改善するためにできることがあります。

多汗症が精神的なものからきているのか、それとも体質が原因なのかまずは知る必要があります。
この原因が分かっているだけでも何か対策はできそうですよね。

今だと最終的には手術とかデオドラント商品で改善を図ることが多いかと思います。
まずは市販のデオドラントで臭いや汗の量を改善するよう努めてみましょう。

そして汗が気になるのであれば、服の色に注意して目立たない色のものを選びましょう。
それでもどうしても気になる、日常生活に支障をきたすと感じる場合は病院に行って専門の先生に診てもらうことも必要です。
手術をしない限り多汗症は完璧に治ることはないかもしれません。

しかしこれを受け入れることも一つの方法だと思うのです。

それなりに上手に付き合っていき、理解してくれる人を見つけてあまり神経質に悩まないようにすることが一番かもしれません。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「多汗症の症状と対策」カテゴリの関連記事