HOME > すべての記事 > 多汗症の症状と対策 > 多汗症の治療にボトックスは効果的!でも問題点もあります

多汗症

多汗症の治療にボトックスは効果的!でも問題点もあります

2016.03.11 633view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇や汗の臭い対策!
女性・子供におすすめアイテム3選

  • クリアネオで制汗・徹底 殺菌!ニオイ&汗ジミ対策

  • ラポマインで保湿・殺菌制汗を1度でシンプルケア

  • 特許申請中のノアンデは、速攻3秒で100%を除菌

多汗症治療のひとつにボトックスがあります。
緊張すると汗が止まらなくなったり、服に汗ジミができているなどに悩んでいる場合には、ボトックス治療を検討してみることです。

多汗症の仕組み

汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。
全身に分布しているエクリン汗腺は、さらさらとした汗がでるだけでほとんどにおいはありません。

アポクリン汗腺は、ワキやおへそ周りなどの局所的にあり、粘り気のある汗がでます。
脂肪や鉄分、アンモニア、蛍光物質などが含まれているため、菌が繁殖しやすく臭いが発生します。
多汗症になるとエクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されていきます。

ボトックス治療

botox-kouka2

ボトックスには、神経の末端から分泌されている伝達物質であるアセチルコリンの分泌抑制の働きがあります。
この働きを応用することで改善効果が期待できます。

アセチルコリンは、交感神経の末端で発汗を促しています。
アセチルコリンの分泌を抑制することで過剰な汗の分泌を抑制します。
注入できる部位は、両ワキ以外には、額や手、足、うなじに注入することができ、男女どちらも治療が可能です。

治療の効果は、通常3日から1週間程度であらわれ、半年から1年程度続きます。
持続期間には、個人差以外にも注射する皮膚の深さや部位、注入量などによっても差が出てきます。
夏に汗をかきやすい人の場合は、毎年4月頃から6月後に治療を受けるようにすることで、夏を快適に過ごしやすくなります。

緊張型多汗症の場合は、一度治療を受けることで完治する場合があります。
緊張型の場合は、緊張することにより汗が出てくるのではないかという不安により汗が増える悪循環に陥りやすいですが、治療を受けることにより、汗が出なくなり不安がなくなることで悪循環が断ち切られます。

悪循環が断ち切られることにより汗に意識が集中しなくなることも緊張型は完治する人が多い理由の一つです。

ボトックスの問題点について

ボトックスには、多汗症の汗を抑える以外にも筋肉の収縮を抑制する作用があります。
汗腺の深さに正確に治療を行えば筋肉が動きにくくなることはありません。

しかし、注射する部位や量、製剤の種類によっては、治療部位が動かしにくくなるなどの副作用が起こる可能性もあるため、経験が豊富で信頼のおける医師のもとで治療を受けることです。

不安がある場合には、病院によってはカウンセリングやメール相談などを行っているため、相談してみることです。

  • クリアネオ(CLEANEO)

    • ワキガはもちろん足臭のニオイも10秒で!
    • 7種類の天然植物由来エキス配合で抑臭・制汗
    • 美肌サポート成分配合で女子力UP
    こんな方におすすめ子供の利用
    制汗効果が高いため、寝・脇多ジミ対策もしたい方、女子力アップしたい方

    公式サイトはこちら

  • ラポマイン(Lapomine)

    • 21種類の保湿成分を厳選配合し、ニオイ原因を抑制
    • 除菌率99.9999%
    • 3年連続モンドセレクション銀賞を受賞
    こんな方におすすめ子供の利用
    肌の保湿にこだわりたい方、足臭や加齢・抑毛・黒ずみケアなど、ワキガ以外の対策を幅広くした方

    公式サイトはこちら

  • ノアンデ(NOANDE)

    • 独自のトリプル製法でつくられたオールインワンタイプ
    • デリケートゾンや足など体の様々なニオイ対策にも
    • 100%透臭除菌!12時間の持続効果を実証
    こんな方におすすめ子供の利用
    長時間効果が持続するため、こまにケア取れない方、より強い殺菌効果が欲しい方

    公式サイトはこちら

「多汗症の症状と対策」カテゴリの関連記事